分娩時の入院費用

分娩時の入院費用について

page_img

分娩の際の入院費用は、使用した薬剤などにより多少の差が出ることになりますが、一般的なモデルケースにおける費用は以下のようになります。※いずれの場合も胎盤処理料を含みます

1)正常分娩 505,000円〜

自然な進行に基づく分娩方法である正常分娩は、帝王切開などの医療介入はありません。ですので、公的医療保険が適用されず、費用は完全な自己負担となります。

2)吸引分娩を必要とした場合 519,000円〜

お産中にお母さんや赤ちゃんの状態が悪化し、急いで赤ちゃんを出産する必要がある場合があります。この際、お産の進行状況に応じて、吸引分娩と呼ばれる方法が使われることがあります。吸引カップを赤ちゃんの頭に取り付け、方向を誘導しながら出産を促進します。これにより、緊急の状況に対応しつつ、母子の安全を確保することが可能となります。

3)予定での帝王切開 593,000円〜

「予定帝王切開」とは、事前の検査などに基づき、経腟分娩が適さないと判断された場合に計画的に行われる帝王切開のことを指します。当院において予定帝王切開が選択される理由には、逆子、以前の帝王切開や子宮手術(たとえば子宮筋腫の摘出手術)の経験がある場合などが挙げられます。

4)緊急の帝王切開 600,000円〜

お産は自然分娩が望ましくはありますが、お母さん・赤ちゃんの状態によっては帝王切開でのお産が必要となる場合があります。
(緊急の帝王切開の場合、それまでの経過や手術の時間帯によって費用の変動が他の分娩費と比べ大きくなります)

24322487

帝王切開の場合、高額医療費制度の適応になることが多く、保険証と連携したマイナンバーカードを持参いただければ病院で申請ができます。病院端末で保険証とマイナンバーカードの連携手続きもできます。

宝マタニティクリニック

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

【休診日】日・祝日(水・土曜日の午後) 【面会時間】9:00~21:00
 ※当院は妊娠中の方と赤ちゃんのため、院内および敷地内はすべて禁煙となっております。

【休診日】日・祝日(水・土曜日の午後)
【面会時間】9:00~21:00

※当院は妊娠中の方と赤ちゃんのため、院内および敷地内はすべて禁煙となっております。

医師診療表
9:00~12:00 理事長
院長
理事長
院長
理事長
院長
理事長
院長
理事長
院長
理事長
院長
休診
15:00~18:00 院長
(理事長)
院長 休診 院長
院長
(理事長)
休診 休診
医師診療表
9:00~12:00





15:00~18:00
(理)

(理)

※理→理事長 院→院長 休→休診

※理事長が在院の場合は午後の診察も行います。

map
095-838-7117